食事を変えると健康になれるの?病気になる前に食事で体質改善すべし。

食事で体質改善

体質を変えようと思ったきっかけは311です。
放射能の知識が全くなかったし、まだ子どもが小さかったので怖くてたまりませんでした。
野菜の汚染のニュースや食品偽装のニュースが流れたり、生協などが放射能検査を始めたり、日々たくさんの情報を目にすることが多くなり何を食べたらいいのか迷いました。
そして、新聞テレビからの情報ではなく、インターネットで検索して自分から情報を得ることが日課となりました。

秋月辰一郎医師

その頃、ある記事に出会いました。
秋月辰一郎さんという浦上第一病院の医師で自ら被爆しながらも医師として負傷した被爆者の治療にあたったという話です。
長崎へ原爆が投下された当時は29歳だったそうです。
味噌汁、塩たっぷりの玄米のおにぎりを食べて原爆症を発症しなかったといいます。
甘いもの、砂糖も禁じたそうです。
その後、医師としてだけでなく、原爆関係の多方面にわたって貢献し89歳で亡くなりました。
ちなみに浦上第一病院は爆心地から北東へわずか1400mという近さというからとっても驚きました。

また同じく広島の原爆で被爆しながら治療にあたった肥田舜太郎医師も、味噌などの発酵食をとるよう患者にすすめていました。
数年前に講演会でお会いしたら、肌はやつやつでピカピカしていました。
とても明るくてオーラがありパワーもあり、講演が終わった時にはとっても元気になったのを今でも覚えています。2017年3月に100歳で亡くなりました。

発酵食品で体質改善

発酵食品の大切さを感じ、それ以来、積極的に意識して発酵食品をとるようになりました。
味噌は毎年手作りをするようになったし、キムチ、水キムチ、ぬか漬け、白菜の漬物なども自分で作るようになりました。
近所のスーパーに売っている既製品は添加物も多いし、添加物で発酵を止めているものも多くあり選べませんでした。
醤油も味醂もちゃんと発酵しているものを通販で選んで買うようになりました。

ヨーグルトも常に注目されていますよね。ヨーグルトで花粉症が治ったって人が結構まわりにいませんか?やはり腸内環境が良いと、免疫力も上がるし、花粉に耐えられる体になるんですね。ヨーグルトも自分で作ってます。

TGGヨーグルトって知ってますか?ブームとなり手作りしている人も多いですよね。私も毎日TGGヨーグルトを食べるようになりました。

友達が癌になり学んだこと

数年前に友達が40代前半で癌になりました。その時に出会った本があります。

癌になった人たちが、治すために実践したことが書かれている本「がんが自然に治る生き方」です。その本を読んで思ったのですが、病気になる前に体質改善をすべきということです。病気になる前なので、なかなかスイッチが入らないかもしれないけど少し意識するだけでも違うんじゃないかなと思います。

発酵食品だけでなく、私が意識していることをシェアします。100%完璧にやろうと思うと疲れるので少しづつ取り組んでいます。

食べすぎない、腹八分目

食べすぎないことが大切だと学びました。
先日テレビ番組でもやっていましたが、長寿の方に気をつけていたことをインタビューしたら共通するのが少食でした。
やっぱり腹八分目がいいんですね。

食べ過ぎたら、朝食抜き。昼食、夕食を食べ過ぎたときは、朝は抜くことをお勧めします。
夕飯を19時に食べ終えて、朝食抜きで12時にランチだとすると、17時間も胃を休めることが出来ます。プチ断食が出来るってわけです。
朝、きちんと排便する環境を自ら作ってあげるわけです。西田式健康法でも推奨されています。

白いものを減らす

小麦粉を取りすぎると花粉の症状が悪化する感じするので、花粉シーズンは減らす努力をしています。
けれど、小麦粉を止める事は出来ません。
うどん、お好み焼き、たこ焼き、パスタ、ピザなど大好きなんですよね。
白米も避けています。精米機を買って毎日精米して食べています。
精米機はかなりお勧めします。3分、5分、7分付きと選べるし、酸化しないのし、何よりおいしいです。白米だとお米の味がしなくなりました。
白砂糖は全く使いません。

添加物、農薬を減らす

添加物、農薬はもともと得意ではありません。
小学生の時に子ども会でカップめんを食べて吐いたりしていました。
母親が自然食品店が大好きでしたので、普通のカップラーメンは食べたことがなかったんですよね。
母は何でも手作りをする人でしたので、友達の家で初めて袋に入ったミートソースを見たときの衝撃は未だに覚えてます。
バナナは農薬がきついものは今でも食べれません。
出産してから体質が変わったのか、受け付けないものも増えていき、もっと気をつけるようになりました。
一度、コンビニでおにぎりを買って公園で食べたら気持ち悪くなって吐いたこともありました。
添加物入りの調味料を買っても、まずくて捨てることになるのでもったいないので買わなくなりました。マーガリン、ショートニングもなるべく摂取しないように気をつけています。

無農薬野菜は高いですよね。買った時は、葉っぱまで全部食べます。例えば大根の場合、大根の葉を炒めて副菜としたり、人参の場合も、葉っぱを天ぷらにしたり。全て使えると思うとそんなに高いとは感じなくなりました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

私も母となり、自分もまわりも徐々に変わっていく中、いろいろ受け入れるようになってきました。若い時だったら即スルーしていたことも、今ではしっかり見るようになってきました

まずは発酵食品のお味噌を手作りしてみてはいかがですか?その美味しさにはまりますよ

添加物は料理を手作りすることでだいぶ減らすことが出来ます。例えば、いつもドレッシングは買うという方は、概念を捨てて手作りしてみてください。オリーブオイル一周かけて、塩ぱらぱら、酢も一周、胡椒をぱらぱらだけでもシンプルで美味しいですよ

ちなみに、「がんが自然に治る生き方」では食事だけでなく、毎日笑って、毎日幸せな気持ちを感じるように生活をしている人もいました

常に前向きで心も健康にいたら最強ですね

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする