コロナ対策5選 フジ子の場合

カラダを大切にする

コロナの第二波が来たらとどうしようかと心配ではないですか?

私もそうです。連日ネガティブな報道ばかりで疲れます。でも私は大丈夫と思って生活しています。今日はフジ子流コロナ対策5選を紹介します。

フジ子流 コロナ対策5選

家に帰ったら、服を全部脱いですぐシャワー

うちは玄関の横にお風呂場があるので直行します。
これは花粉症のひどいときやインフルエンザが流行っているときにもやっていたのですが、顔や髪についてるウィルスや花粉を洗い流します。脱いだ洋服も洗濯機に直行です。気分的なものかもしれませんが、部屋の中はクリーンを保てるので精神が安定します。

水式空気清浄機

これも花粉症のときにフル稼働している自家製空気清浄機です。
これを付けていると空気感がまったく違います。花粉症で寝れないという日がなくなりました。詳しくはこちら

マヌカハニー&プロポリス

マヌカハニーは冬になると、インフルエンザ対策でスプーン1杯毎日食べています。始めてから2年ですが、インフルエンザに罹っていません。コロナにも効けばいいなあと願いを込めて食べています。熱を加えると成分が変わってしまうので、加熱せずそのままがお勧めです。愛用中はこれ

外出中には、マヌカハニー&プロポリス飴を持参します。
人がたくさんいる電車、銀行やスーパーに行くときになめています。
マヌカハニーもプロポリスのダブルパワーでコロナを撃退するイメージ。私のお守りみたいなものです。口内環境を整えます。愛用中はこれ

歯磨き粉もマヌカハニー&プロポリスにしました。これに替えてから歯医者さんに褒められました。私に合っているみたいです。普通の歯磨き粉と比較したら高いけどリピ中です。愛用中はこれ

白湯を飲む

美容と健康のための私の習慣です。朝起きて白湯を飲むと内蔵がゆっくり動き始めるのがわかります。コロナが流行してからは朝だけでなく、昼、寝る前も飲むようにしています。

ヒマラヤ大聖者である相川圭子さんはコロナ対策で白湯をおすすめしています。仏教やキリスト教の源流である5000年の伝統を持つヒマラヤ秘教の正統な継承者です。

鼻呼吸を習慣化する口テープ

よく口をあけてポカーンとしている人がいますよね。なんか知らないけど口が開いちゃう。電車でも口を開けて寝ている人いますよね。私もそうでした。これを治すと喉が痛くなることが減ります。寝るときにテープを口に貼るだけで癖が直りました。娘でも実験してみたら1週間続けただけで、ちゃんと鼻呼吸できるようになりました。子どもは何でも早いです。この口呼吸テープですが、もうひとつ驚きのうれしい効果がありました。それは、朝起きても口が臭くないんです。口を閉じて寝ていると、唾液が細菌を取り除いてくれているんですね。念のため、鼻がつまっているときはテープなしで寝てくださいね。愛用中はこれ

そうそうこんなに対策をしているから、やっぱり私は大丈夫なんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ひとつでも取り入れていただき元気になってくれたらうれしいです。

もうひとつ追加するとしたら、「強気になること」 とにかく強気です。

精神論?と思った方いるかもしれないけど、精神論です(笑)

今はとにかく圧をガッと上げないと、コロナに負けてしまう!体の中やまわりにある気を全部強い気にします。私は絶対コロナにならないぞ!という強気が必要です。

強気になれない方はお腹の底からゲラゲラ笑う!笑えなくても笑う!

笑うといい気が集まります。

私は気集めをしたり気遊びをするのですが、笑いながらやるとすぐ手がピリピリしてくるので間違いないです。

口角を無理やり上げるだけでもOK。口角が上がると脳が楽しいと勘違いしてくれます。

スマイル!スマイル!

寝るときも無理やり口をニコニコ口にして寝ます。朝いい感じに起きれますよ。

病気は気からなんて言いますよね。ほんとそう思います。

読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました