お金がかからず、病気が治る健康法とはいったい何?

40代ともなると、健康診断で血液検査の数値が悪かったり、病気の疑いで再検査した経験がありますよね。自分は元気でも友達が病気になったり、同年代の友達と集まると自然とそんな話になったりします。

私も昨年の夏に、甲状腺がんの疑いがあり「穿刺吸引細胞診」をしました

4年前に甲状腺にしこりが見つかり、昨年の夏の定期健診でしこりが少し大きくなっていることが判明し穿刺吸引細胞診をしました。穿刺吸引細胞診は注射針より少し太めの針でしこりを刺して、細胞を抜いて顕微鏡で確認します。注射をするときと同じで刺す痛みはありますが、抜いている時も抜いた後も痛くはなくあっという間に終わりました。

検査結果は良性でした。

しかし、良性か悪性かの検査結果がでるまで1週間は、とっても長く、不安で眠れない一週間を過ごしました。甲状腺がんと向き合い、夜な夜なネットで調べまくりました。

その時にめぐり合ったのが、足裏マッサージです。

足裏マッサージは、万病に効く

病気と向き合うのは大変だと思うが、自分の力で病気を治した人もいると知り不安がふっとんだのを覚えています

さらに、万病に効くという言葉に救われた気がしました

私が足裏マッサージをやろうと思ったきっかけは、1冊の本でした

近澤愛沙さん著者「元気回復 足もみ力」

筆者は24歳の時に甲状腺がんがみつかり、若石健康法の先生に出会い、足裏を揉み甲状腺がんが消えたという経歴の方でした。この本のレビューをネットで読んだときにピーンときました。私は直感を大切にしているので即購入し、現在に至ってます。

若石健康法とやり方が似ているのが官足法です。「元気回復 足もみ力」に出会った直後に、たまたま近所で官足法の体験会があり参加をしました。施術法も若石健康法とほぼ同じでした。この時にさらに足裏を揉む運命を感じました。

1人でも病気で苦しんでいる人の選択肢の一つになればいいなあと思います。

初期費用は、本代、棒代、オイル代だけ

甲状腺がんの恐怖から始めた私でしたが、花粉の症状が穏やかになったり、腰痛がなくなったのは足裏マッサージのお蔭ではないかと思っています。マッサージ屋さんへ行って、フットマッサージをしてもらうとお金もかかるし、毎日は通えないですよね。

足裏なので、自分で手が届くし、自分でマッサージすれば無料!

初期費用は、本代、マッサージ棒代、オイル代だけです

この手軽さにとても惹かれました

どのくらい揉むの?

週末など時間があれば1日40分(左足20分、右足20分)をし、平日など時間がないときは1日10分(左足5分、右足5分)をしています。

最初は後悔するくらい痛いです。これを我慢して毎日ツボを押していくと、2、3ヶ月で激痛はなくなり、だんたんと痛くなくなってきます。

老廃物が足に溜まり詰まっていて、押すと言葉に出ないほどの痛みです。
痛すぎてこれは無理だわと思ったけれど、甲状腺がんの恐怖を思い出すと頑張れました。

現在10ヶ月目ですが、ばりばりしていた足裏が柔らかくなってきたのを感じています。

白湯を飲む

足裏マッサージにはいろいろルールもあります。

左足からスタートする、最初と最後に揉む場所が決まっている、スタート前の1時間は食事禁止などです。

マッサージの後は老廃物を排泄するために必ず白湯を飲まなくてはいけません。
白湯を500ml飲むわけなんです。白湯を飲まないと足裏マッサージした意味がないと言われてます。
こんな痛い思いをしたのに意味がないなんて悲しすぎなので必ず飲んでください
利尿作用があり、老廃物が出てる感じがあります。

まとめ

読んでみてどうでしたか?
自分の身体を足裏で知ることが出来る、自分で治すことが出来るのがグッときませんか?
自分の身体は自分が一番わかりますよね。自分がドクターになったように思えます。
足揉みが出来ない日には、足揉みローラーや足揉みマットを活用する手もあります。
美しくなって、花粉症も治り、甲状腺のしこりもなくなる日をイメージして頑張っています。
詳しいやり方は近澤愛沙さん著者「元気回復 足もみ力」を参照してください。
基本の揉み方はもちろんのこと、病気別のポイントも書いてあるので一家に一冊の保存版です。本屋さんで探してみてください。

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする