こんまりさんがバラエティ番組に登場 こんまりメソッドを直伝

カラダを大切にする

モノが散らかっているとイライラしませんか?やはり健康にも悪影響だそうです。

フジ子

モノが多いとストレスホルモンであるコルチゾールが増加し、うつ病などの精神的なリスクが高くなることも・・・。

片付けコンサルタント「こんまり」こと、近藤麻理恵さんはご存知ですか?

先日バラエティ番組「世界一受けたい授業」で片づけの先生として登場しました。本は何度も読んでいるが、本人から直に聞くと理解が増すように感じました。見逃した方に!こんまりメソッドを熱くシェアしたいと思います。

こんまりさんがバラエティ番組に登場 こんまりメソッドを直伝

こんまりメソッド

こんまりさん著書「人生がときめく片づけの魔法」は世界42カ国で翻訳され、累計1200万部突破しアメリカで大ブームになっているそうです。

アメリカ、イギリスでは、片付け=Marie Kondoと動詞になっちゃっているそう。

片づけをすると、人生がときめくそうですよ。開運です!これはやるっきゃないですね。

こんまりさん著書 人生がときめく片づけの魔法

片付け前に、

部屋の写真を撮っておくと、モチベーションを保つことができるし、終わったときの達成感も!

片づける順番は、

衣類からスタート →本 →書類 →小物 →最後に思い出の品

モノを捨てられないのは、

  • 過去に対する執着(もったいないなあ・・・)
  • 未来に対する不安(いつか必要になるかも・・・)
フジ子
フジ子

これを解決してくれるのが、☆ときめき☆です。

「ゴミ清掃員の日常」の作家であり、お笑い芸人の滝沢秀一さん宅で実践しました。

衣類からスタート

  1. まずは持っている服を一箇所にあつめる
  2. 一着一着手に取り手で触ってみる
  3. 今の自分をときめかせてくれたら残す(きゅんとなる)
  4. ときめかないのは手放す(ずんとなる)
  5. ときめかない服については、感謝の気持ち「ありがとうございました」と言う
選別と収納を一緒にやってしまうのはNG。選びきってから収納するのがおすすめとのこと。

選別が終わったら収納です。

  • クローゼットに服をしまうとき、右肩上がりに収納していく
  • 同じアイテムは同じところにしまう
  • ハンガーにかけないTシャツなどは裾を5cmくらいあけてたたんで、ひと目でわかるように立てて収納する
  • 柄物は柄が見えるようにたたむ
  • 手から愛情を伝えることが大切なので、手でシワを伸ばしてからたたむ
ときめかない服は、部屋着に降格させないこと。部屋の中にいるときこそときめいた服を着て欲しい。
ときめき感度を鍛えるために、自分のものだけを先に片付けるのがポイントです。

  • 本も1冊1冊触って、ときめいてきゅんとなるものを残す
  • 子どもの本は子どもが選別。子どもはいる、いらないがはっきりしる。
  • 本の帯をとるとすっきり。

書類

フジ子
フジ子

紙類は全捨て

全部捨てる覚悟をもって中身を確認することが必要だということです。

書類などはときめきが通用しないので、中身を確認して必要な書類は残します。

お仕事を家でする方は、お仕事トレイを作ることをおすすめします。

キッチン

  • コンロやシンクまわりに物を置かない。これは、掃除のしやすさがポイント。
  • 引き出物は箱から出して並べる。箱に入っていたら使わないから。

また散らかるのはどうしてなのか?との質問に、こんまりさんの回答は、定位置がないからでした。

フジ子
フジ子

物の場所を決めてあげるのがやはり大切。

小物

  • 小物も今自分がときめくか?
  • お役目が終了したものは手放す
  • 消しゴム、付箋など立てて収納する
  • バッグはバッグの中に1つバッグを入れると半分のスペースになる(取っ手を外に出すと中に入ってるバッグがわかる)

最後に思い出

  • 子どもの絵など写真に撮ると心にも残る。
  • ぬいぐるみ透けない袋に入れる。視線があると捨てられないから。塩を一緒に入れる。
  • 手帳は最高の1年だけ残して捨てる。
  • 写真は年代別に仕分け、自分がよく写っているのを残す。見てもピンとこないのは捨てる。
捨てられないものを実家に送るのはやめること。避難しただけで片付けにならない。
フジ子
フジ子

アルバムを実家に送っていたのは私です。

まとめ

こんまりメソッドは自分にとって大事なものを大切にすることが大切で、捨てるものを選ぶのではなく、大切にするものを選ぶ方法です。

わかっていても捨てれない、迷うものは、ペンディングボックス(未処理ボックス)をひとつ作って入れておくこともOKだそうです。そこからはみ出した分は捨てるとしていけば増えないですよね。

年末の大掃除に向けて、自分の衣類からやってみてはいかがでしょう。

こんまりさん著書「人生がときめく片づけの魔法」はこちらです。

こんまりさん著書「マンガで読む人生がときめく片づけの魔法」はこちらです。小学生高学年の娘と読みました。

読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました