やけどに注意!鳥取砂丘 [失敗談]

鳥取へ行ってきました
岡山から北へ2時間です
(智頭~鳥取ICまでは高速の無料区間を通ってみました 2016年8月現在)

鳥取砂丘

鳥取県鳥取市福部町湯山2164

朝9:30前にお土産さん「砂丘会館」の駐車場に到着しました。(駐車は無料でした)

晴れたり曇ってたりでしたが、砂丘はめちゃ暑く少し歩いただけで疲れました。

帽子をかぶっていても照り返しでやばい。

さらに砂丘を歩くのは思ったよりずっと大変でした。なめてました・・・。

だからラクダがいるんですね~。

観光用のラクダに乗って砂丘を遊覧することも出来ます。

やっぱり砂丘にはラクダが似合う。

パラグライダーなどのアクティビティもありました。

 

子どもたちは正面にそびえたつ馬の背に向かってスイスイ歩きだしました
20160805224545744.jpg

遠すぎてあまりよく見えないけど、この暑い中、標高47mを登りだしました。
大人は馬の背より緩いところから頂上へ歩きました。

ビーサンで行ってしまった私は馬鹿でした。ビーサンのまわりが溶けました・・・。車に戻り靴に履き替えることに。しかし靴下にスニーカーでも熱い・・・。

なめてました・・・。夏にはビーサンでは行かないで下さいね。

まじで火傷します
あちこちから「あちっあちっ」と聞こえてきました(笑
砂はなんと60度くらいまで上がるそうです ぎょぎょぎょ恐ろしいでしょ

馬の背はさらに砂が熱すぎました。

こんなに雲が多い日で、太陽が隠れたりしていてこの暑さと熱さ。

雲ひとつないギラギラに晴れた日はどうなってしまうのでしょうか。

けど、頂上に着いたら日本海の絶景が広がっていて疲れも吹っ飛びます
風もあって気持ちがよかったけど、今度は春か秋がいいかな

20160805224610175.jpg

子どもたちもはしゃぎ過ぎてか、熱中症の一歩手前だったのか帰り道はぐったり。

お土産屋さんに戻り、足を洗い、冷たいものを食べてずいぶん休憩させてもらいました。

まとめ

砂丘はなめてはいけません!(私・・・)

靴、靴下、水分補給、熱中症対策が必要です。

私のようにビーサンでは行かないように注意してください。

夏はやめたほうがいいです。

次回は少し寒いくらいの時期に裸足で駆け上がりたいですね。

タイトルとURLをコピーしました